最新記事

民泊とマンスリーマンションの違いってなに!?

2018-09-16 11:58

民泊もマンスリーマンションも同じ賃貸マンションなどを利用して運営されている場合が多く、一見違いが分かりにくいのですが、民泊は旅館業(住宅宿泊事業)、マンスリーマンションは賃貸業というまず業態の違いがあります。ではどういった要素がこの二つの業態間の運営に線引きをしているのでしょうか。主に次の三つの要素が挙げられます。

民泊180日制限以外の残りの185日の運用はマンスリーマンションで!ぜひKaguAruooへ。

2018-08-25 10:56

そろそろ今年(2018年)6月15日に住宅宿泊事業者法が施行されてから80日が経過しようとしています。民泊で稼働が高い事業者はそろそろ年間制限日数180日の消化後の対策を考える必要が出てきたのではないでしょうか。

マンスリーマンションの運用方法って民泊と違うの?

2018-08-23 10:28

結論から申し上げると、現場での運用方法にはあまり差がありません。マンスリーマンション、ウィークリーマンションでも民泊で使われているハウスガイドは既に一般的ですし、鍵の受け渡しも自動化している物件が大半を占めています。あえて言うと次の大きな3点が運用における大きな差でしょう。

民泊とマンスリーの二毛作運用3つの基本戦略

2018-07-12 12:48

民泊とウィークリー・マンスリーマンションの二毛作運営にはまず第一に同時平行で行い、ウィークリー・マンスリーで生じる”穴”を民泊で埋めていきましょう。第二にウィークリー・マンスリーは日本人もターゲットとしていますので、お部屋の過度な”和”的装飾は控えましょう。綺麗で機能的なお部屋は外国人・日本人にも万人受けします。第三にウィークリー・マンスリーで徐々にリピーターを増やしましょう。この3つのポイントをおさえることが民泊・ウィークリーマンスリー二毛作運営の稼働率を高める秘訣になります。

日本のマンスリーマンションの市場

2018-05-11 10:33

「マンスリーマンション運営を始めたいですが、マーケットの状況がわからない……」「マンスリーマンションへの需要はどのぐらいあるの?」マンスリーマンション経営を始めたい人にとっては、まず市場への理解を深める必要があります。

マンスリー業界初、
独自サービスを展開

2018年6月15日より住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行され、住宅宿泊の年間営業日数が180日以下に制限されることになります。それに伴い、住宅宿泊事業者が収益性の維持を図るため、年間営業日数を超える残りの185日の活用が求められています。その中で注目されているのが、残営業日数をマンスリーマンションの運営にあてる「二毛作運営」です。

一方で、マンスリーマンション用賃貸サイトの多くは、検索のみを機能としており、 契約や手続きにおいては人の手を介したオフライン作業が必要です。 昨今の住宅宿泊サイトに慣れたオーナーにとっては、同様の感覚でご利用可能な仕様となっています。

KaguAruoo株式会社は、決済まで完全にオンラインで完結できる、家具付きマンスリーマンション賃貸サイト「KaguAruoo」を2018年3月12日(月)より物件オーナー向けに先行リリースいたします。